イベント・セミナー
2019.05.31

マレーシア 登壇レポート

「LAUNCHING OF MALAYSIA -JAPAN COLLABORATION ON SMART MANUFACTURING & INAUGURAL SEMINAR」登壇レポート

2019年5月2日(木)に開催された「LAUNCHING OF MALAYSIA -JAPAN COLLABORATION ON SMART MANUFACTURING & INAUGURAL SEMINAR」にて、アムニモ株式会社代表取締役の谷口功一が登壇しました。アムニモ社がIoTプラットフォーマーとして、マレーシアの産業の高度化を支援することを訴求しました。

<イベント概要>

マレーシアと日本の両国が協力してマレーシアの製造業を中心とした産業を高度化し、マレーシア経済全体のボトムアップを推進するため、両国の関連組織による共催で、「LAUNCHING OF MALAYSIA -JAPAN COLLABORATION ON SMART MANUFACTURING & INAUGURAL SEMINAR」が開催されました。

  • 日時:2019年5月2日(木)8:00~15:15
  • 場所:Dewan Perdana, MITI Tower、クアラルンプル、マレーシア
  • 主催(マレーシア):マレーシア国際貿易産業省、SIRIM(マレーシア標準工業研究所)
  • 共催(日本):在マレーシア日本国大使館、経済産業省、日本貿易振興機構(JETRO)、AMEICC
  • 参加者:約450名(中小企業の製造業者、中小企業の商社、官公庁、財団法人、等)

①パネルディカッション

SIRIMをモデレータとしたパネルディカッションで、マレーシアにおけるスマートマニュファクチャリングの推進をテーマに、日本での具体的な取り組み事例に基づき活発な議論が行われました。アムニモ株式会社代表取締役の谷口功一からは、アムニモ社の紹介やマレーシアでのIIoTサービスの導入についてのプレゼンテーションを行いました。製造業の生産性向上と品質の維持を可能にする日本での取り組みに対するマレーシア政府の期待は非常に高く、アムニモ社のIoTサービスがマレーシアでIIoT導入の推進に大きく貢献できることを強く参加者にアピールすることができました。またTK International Sdn Bhd (TKインターナショナル社)がアムニモのマレーシアにおけるパートナーであることも同時に発表しました。

  • アムニモ株式会社 谷口代表取締役社長

    アムニモ株式会社 谷口代表取締役社長

  • パネルディスカッションのステージ

    パネルディスカッションのステージ

②展示ブース

アムニモの展示ブースにて、マレーシアでスマートマニュファクチャリングを実現する事例を紹介しました。展示ブースでは、手軽にリーズナブルにIoTサービスを開始できる、アムニモの基本サービスである『amnimo sense(アムニモセンス)』を使ったサンプルケース(IoTレシピ)を展示しました。

  1. 水産冷凍室内の温度監視レシピ
  2. 建物内不快検知レシピ
  3. 工場向け部品在庫量見える化レシピ

中小企業製造業をはじめ、官公庁、財団法人など、多くの来場者から、アムニモのサービス特徴であるサブスクリプションモデルや、他社センサーを簡単に接続できる『amnimo sense』に深い興味を持っていただけました。

  • SIRIM Sdn.Bhd.Ahmad Fadzil Mohamad HaniCEOとアムニモ株式会社の谷口代表取締役社長

    SIRIM Sdn.Bhd.Ahmad Fadzil Mohamad HaniCEOと
    アムニモ株式会社の谷口代表取締役社長

  • 展示ブースの様子

    展示ブースの様子

以上