屋外にそのまま設置
監視カメラ向けLinuxゲートウェイ

エッジゲートウェイ(屋外版)

エッジゲートウェイ(屋外版)AG20

エッジゲートウェイ(屋外版)AG20

PoEを4ポート搭載、最大4つのSIM搭載可能、瞬停対策などのエッジゲートウェイ(屋内版)の機能はそのままに、防水・防塵・直射日光・雷対策(SPD)・電源・LTEアンテナを新たに開発し、ひとつのボックスに収納。

屋外の監視カメラ用途に最適化されたLinux OS搭載の屋外型IoTゲートウェイです。
エッジで録画するため、ランニングコストはクラウド録画に比べて大幅に削減できます。

さまざまな屋外の過酷な環境で利用可能

屋外に設置された「防犯・監視カメラ」での利用をはじめ、人の立ち入りが困難な「再生可能エネルギー(太陽光発電、風力、地熱、水力、蓄電池)」、電圧が不安定な「鉄道沿線及び踏切監視」・「信号機などの交通システム」・「受変電設備」、山奥など過酷な環境にある「上下水道施設」などの社会インフラ向け、「河川、ダム、ため池、山間部の斜面」などの防災用途でも利用可能です。

  • デュアル
    CPU
  • OS
    Ubuntu
  • 多彩な
    インター
    フェイス
  • SSD搭載
    対応
  • 最大4つの
    SIM対応
  • クラウド
    連携
  • 瞬停
    対策
  • 雷対策
    (SPD)
  • 結露対策
  • 防水
  • 防塵
  • 直射日光
  • 動作温度
    ー20~60℃
  • AC電源
    対応

製品情報

そのまま屋外に設置可能な仕様
  • ポリカーボネート製のケースの中に回路基板を直接実装
  • 内部で発生した熱を効率的に逃す仕組み
  • 防水防塵(IP65相当)
  • 直射日光も考慮した動作温度範囲(-20~60℃)
  • 誘導雷の対策として、SPD装置を実装
  • 内部の部品をコーティングし結露対策
  • 電源バックアップ機構の内蔵による瞬停対策で、不安定な電源にも対応
  • 通信キャリアのネットワーク障害にも対応
  • 設置場所を選ばないコンパクトなサイズ
監視カメラ(ネットワークカメラ)のシステム運用をこの1台で可能に
  • 高機能なビデオマネージメントシステム(VMS)であるNx Witness(v4.1)をプレインストール
  • Ethernet(イーサネット)の4ポートにPoEで電力供給
  • 大容量のSSDに映像を録画
  • マルチキャリア対応、最大4つの複数SIM搭載、映像の遠隔取得が可能
クラウド連携で複数カメラの統一運用を実現
  • 接点I/Fにより、機械警備装置との接続が可能
  • 統合ビデオ管理システムとの連携により、広域に展開した防犯・監視カメラの統一運用が可能
  • 映像を用いた監視・警備業務のための業務システムが新規開発なしで利用可能

エッジゲートウェイ(屋外版)の資料はこちらから

信頼性向上技術の概要

エラーに対して、まず特定部位だけをリブート
全体を停止させずにエラーからの回復を図り、短い停止時間での復旧を目指す設計
それでも回復しない場合のみ全体をリブート

  • クラウドからの保守運用サービスであるデバイス管理システムと連携することで、遠隔から保守運用が可能
  • PoEで接続されたカメラがフリーズした際は、自動検知し、PoEのリセットにより復旧処理を行う
  • ひとつの通信キャリアのネットワークに障害が発生し、停止しても、別の通信キャリアに自動で変更して通信の復旧が可能

監視カメラソリューション構築例

  • 屋外用エッジゲートウェイは、特に監視カメラを接続した場合に利用される多くの機能をこの1台に実装した仕様
  • 4つのEthernetポートに対してPoEで給電できるので、4台のカメラを接続して動作することが可能
  • SSDを搭載することが可能で、カメラで撮影した映像を録画することが可能(エッジ録画)
  • 高性能なCPUの実装により、本格的なビデオマネージメントソフトウェアをこの機器のCPUで実行可能
  • 従来の装置では、これらの機能の全てに対応するためには、複数の機器を組み合わせる必要があったが、このデバイスではこれらの機能を1台で全て実行可能

デバイス管理システムで、遠隔からの保守運用が可能

クラウド上で動作するデバイス管理システムとの連携で、さまざまな運用の手間を削減できます

  • エッジゲートウェイ(屋外版)の自動初期設定
  • IPカメラやIoT機器の死活監視
  • ファームウェアや設定内容の遠隔監視
  • 運用時のsyslog(シスログ)収集
  • デバイス設置場所の管理
  • 故障交換時の設定内容引継ぎ
デバイス管理システムの利用イメージ

統合ビデオ管理システムで、複数拠点の録画映像を統一管理

監視業務用の各種表示画面をクラウドで生成して、端末に提供するクラウドアプリケーションサービスです

  • クラウド上で複数のカメラ映像を監視画面でまとめて表示
  • 大画面で映像をモニタリング
  • 複数カメラのサムネイル映像を定期的にアップロードして表示
  • ローテーション機能で多くのカメラ映像を切り替えながら表示
  • アラームが発生している特定カメラを制御して映像分析が可能
  • 録画した映像データをクラウドにコピーし、複数端末で同時視聴が可能
  • 運用者が使いやすいようにカスタマイズすることが可能
統合ビデオ管理システムの利用イメージ

プレインストールされたNetwork Optix社製のVMS 「Nx Witness」で、映像をフル活用

カメラで撮影した映像の表示、録音、再生、検索を制御することのできる、映像を活用するためのソフトウェアです

  • ONVIF規格に対応したIPカメラの設定制御
  • 撮影した映像の録画や分析
  • 録画した映像のスマート検索(※)

※すでに録画されている映像に対して、画面の中の一部分を指定すると、その部分に動きがあった時刻の画像を検索して抽出できる機能
この機能によって、事故や事件の際に、特定箇所に動きがあった場面を確認でき、調査を効率よく実施することが可能

エッジゲートウェイ(屋外版)説明動画(4分22秒)

動画右下の「全画面」をクリックすると、動画を拡大して再生することができます。

エッジゲートウェイ(屋外用)は、そのまま屋外で使用していただくことを前提に防水・防塵機能、雷対策などを備えています。

お問い合わせ

関連サービス