屋外設置でPoE給電が可能なLTEルーター

IoTルーター(屋外版)

IoTルーター(屋外版)AR20

IoTルーター(屋外版)

PoEを2ポート搭載、最大4つのSIM搭載可能、瞬停対策で不安定な電源環境下でも利用可能。
防水・防塵・直射日光・雷対策(SPD)・電源・LTEアンテナを新たに開発し、ひとつのボックスに収納。カメラ映像をクラウドに送信するために必要な機能を、すべて搭載した低コストでコンパクトな屋外用IoTルーターです。
クラウドビデオレコーダーと連携し、撮影した映像はクラウド録画できます。

リアルタイムで映像確認したいさまざまなシーンで利用可能

建設工事現場の監視、河川監視、製造ラインの監視、ショッピングモールや飲食店などの混雑状況の把握など、何かあったときの映像ではなく、通常の映像でもリアルタイムで確認したい場合の利用に最適です。

  • デュアル
    CPU
  • OS
    Linux
  • PoE給電
    2ポート
  • LTE,3G
    対応
  • 最大4つの
    SIM対応
  • クラウド
    連携
  • 瞬停
    対策
  • 雷対策
    (SPD)
  • 結露対策
  • 防水
  • 防塵
  • 直射日光
  • 動作温度
    ー20~60℃
  • AC電源
    対応

製品情報

さまざまな産業用途で利用可能なLTEルーター

そのまま屋外に設置可能な仕様
  • ポリカーボネート製のケースの中に回路基板を直接実装
  • 内部で発生した熱を効率的に逃す仕組み
  • 防水防塵(IP65相当)
  • 直射日光も考慮した動作温度範囲(-20~60℃)
  • 誘導雷の対策として、SPD装置を実装
  • 内部の部品をコーティングし結露対策
  • 電源バックアップ機構の内蔵による瞬停対策で、不安定な電源にも対応
  • 通信キャリアのネットワーク障害にも対応
  • 設置場所を選ばないコンパクトなサイズ
産業用機器の遠隔制御を簡単に実現
  • ギガビットイーサネットを2ポート実装
  • プレインストールされているremote.itにて、産業機器の遠隔制御を実現
  • コンパクトなサイズで設置場所を選ばない

IoTルーター(屋外版)の資料はこちらから

監視カメラ(IPカメラ)を接続し、クラウドビデオレコーダーで映像を利用

  • PoEを2ポート実装しており、IPカメラに電力を供給可能
  • アムニモが提供する「クラウドビデオレコーダー」サービスと連携
  • 撮影した映像をクラウドにアップロードしてクラウド側で録画
  • ブラウザにてクラウドにアクセスして各種映像の操作が可能
  • 映像の一覧表示や個別カメラの操作、映像の切り出しが可能
  • 遠隔から撮影条件の設定
  • 動画送信の開始停止
  • PoEの遠隔からの制御にてカメラの復旧が可能

デバイス管理システムで、複数デバイスの統一運用が可能

クラウド上で動作するデバイス管理システムとの連携で、さまざまな運用の手間を削減できます

  • IoTルーター(屋外版)の自動初期設定
  • デバイスやIPカメラなどの死活監視
  • ファームウェアや設定内容の遠隔監視
  • 運用時のシスログ収集
  • デバイス設置場所の管理
  • 故障交換時の設定内容引継ぎ
デバイス管理システムの利用イメージ

※本製品は、基板部分に黒いカバーが装着されています

お問い合わせ

関連サービス