渦巻き(うずまき)ポンプ
遠隔監視サービス

開発費、運用費用について

自前で遠隔監視ツールを用意する場合、スキル人材の確保の他、システム開発、通信事業者との契約、
ソフトウェアの運用コスト(サーバ管理費、セキュリティ対策、OS更新など)がかさみます。

pump guardを利用いただくと、月額10,000円〜

最大4ch分、通信費込みで利用可能
通信事業者との契約やインテグレーションはかかりません
(ハードウェア機材費は別途、ポンプ管理点数により月額料金が割引)
さらにダウンタイムの削減と復旧にかかるコストも削減できます
まずはお問い合わせください

ポンププロテクタDRNの取り扱い上のご注意

  • DRNの取扱説明書を参照し、DRNの設置と配線を行ってください。
  • 電気工事など、電源の取り扱いに関しては、有資格者が行ってください。また、電気設備技術基準および内線規程に従ってください。
  • 電源がONになっている状態で配線を行わないでください。また、作業中は電源がONにならないようにしてください。
  • 電源を切った直後は内部回路が充電されているため、1分以上待ってから作業を行ってください。
  • これらに従わない場合、人身事故および物損事故が発生する恐れがあります。

お問い合わせ

関連サービス