社長メッセージ

社長メッセージ

amnimo〈アムニモ〉は、大きな企業に存在した、たった一人のチャレンジから始まりました。IoTの先進企業の方々にお会いし、たくさんのご教示をいただき、そして、あるべき姿を思い描いたとき、誰もやっていない、しかし私たちならできるサービスがあることに思い至りました。

IIoTセンサーとデバイスの接続サービス化です。

2017年のIIoTのプロジェクトは、全てコンサルテーションや設計から始まっていました。
なぜなら、センサーメーカーはセンサーだけ、ゲートウェイメーカーはゲートウェイだけ、携帯電話会社はSIMと回線だけ、クラウド事業者はクラウドだけ、そして、それらを接続するには幅広い知識を自ら身につけて臨むか、システムインテグレーターに頼って多額の代金を払うしかない。そんな状況だったからです。しかもそれはただのPoC(実証実験)のレベル。おかしな話です。それなら、マイクロソフトをはじめとしたパートナーから直接サポートを受けられる(大企業の一員としての)立場を最大限に利用して、安全に確実に「測る」ことをサービスにできるのではないか?と考え、開発を進めてきました。

産業用途に使われるIIoTの仕組みの実装はあまりにも大変な道のりです。センサーをつなぐ。たったそれだけのことがこんなに大変なのであれば、誰もが同じ苦労をして同じものを作り上げるのは、実に遠回りな話です。そんな苦労は私たちだけで充分です。
作り上げた仕組みを価値創造にチャレンジする多くの皆様にそのまま使っていただきたい。大変なところをスキップして、その先にある価値の塊を探す旅に出ていただきたい。

そんな想いから、この仕組みを作り、サービスとしてご提供するための会社を創りました。
データ経路の状況もセキュリティの状態も、24時間監視いたします。
事業化のための課金の仕組みも用意して、皆様にご提供します。

もちろん、測るだけでは道半ばです。私たちも価値を探求し、創造し、産業用途別にソリューションをご提案してまいります。

皆さんも、このamnimoの仕組みを使って一緒に事業開発をしてみませんか?
さて、あなたならどんな価値を創り出しますか?